潤滑めっき(PTFE・テフロン)

 潤滑めっき(PTFE・テフロン)は、無電解ニッケルめっき皮膜中に、PTFEの微粒子を均一に
分散共析させた複合めっき皮膜です。共析されたPTFEの特性とその耐久性が評価され、従来にない
表面処理が可能となり広い分野に使用されております。
 当社の潤滑めっきは日本カニゼン株式会社のカニフロンを使用しております。

 

皮膜組織と特性

 

1. 自己潤滑性

めっき皮膜中にPTFE粒子を含有するためカジリ・焼付き防止に対して大きな効果を
発揮します。


2. 低摩擦

皮膜表面ばかりでなく、膜厚方向にも潤滑性のあるPTFE粒子を均一に分散しています。


3. 耐摩耗性・耐損傷性

潤滑めっきは樹脂やPTFEコーティング(塗装)に比較して傷がつき難く、はがれたりしません。


4. 耐蝕性

ピンホールがなく、つきまわりが均一です。


5. 密着性

PTFEの微粒子一個一個をマトリックスが固く保持しています。また、そのマトリックスが
金属であるため、素地と潤滑めっきの密着性は強固です。


6. 膜厚均一性・高寸法精度

母材の形状にかかわらず穴の中・パイプ・エッヂなどでも、膜厚は均一です。また任意の
厚さに、正確にコントロールできます。


7. 電導性・静電気防止効果

マトリックスが金属(Ni-P)であるため、静電気やホコリを嫌う半導体部分、精密機器へ
使用できます。


8. 熱伝導性

PTFEコーティング(塗装)に比べ、優れています。


9. 撥水・撥油性

接触角はPTFEコーティング(塗装)とほぼ同様です。